FC2ブログ

アジア散歩

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

規制は何千人もの死につながる+伊・なぜ死亡率高い?

202003251453536ef.png

トランプ氏、規制は何千人もの死につながる
↑タイトルクリックすると元記事が開きます


記事では「証拠引用はない」と強調しているが、、、



コロナウィルスの集団発生により、米国では5万人以上が感染し、少なくとも660人が死亡、数千の企業が閉鎖され、数百万人が失業し、州知事が約1億人(国の人口の3分の1近く)家にとどまるように命じました。

大統領は、「ビジネスをシャットダウンし、国を大規模な不況に陥らせることで、より多くの人々を失うことになるでしょう。自殺することになるでしょう」と語った。

「規制を続けると、私の意見ではより多くの人々が死ぬでしょう。私たちは仕事に戻らなければなりません。人々は仕事に戻りたいのです。 」








20200325145355791.png
3月21日午後8時にタゲサウで送信
残念ながら動画は消えました


「イタリア市民保護局の責任者であるアンジェロボレッリは記者会見」より抜粋(翻訳機を使用、所々日本語おかしいですが理解できると思います)


イタリアのロンバルディアではなぜ死亡率がそれほど高いのでしょう?


患者がコロナなどで死亡したかどうかはまったく区別されません。 別の死因もすべてカウントされます。 それが、イタリア当局から報告された死者数が非常に多い理由ですか?


死亡した原因の区別をつけなければ、いわゆる"コロナ犠牲者の数"がそれほど多いのも不思議ではありません。

また、正確な死因を特定するために、法医学において時間と能力を要する剖検を行わなければならないのも明らかです。


これはまた、ロンバルディア州(6%)と他の被災地(1%強)の間での感染者の死亡率の大きな違いを説明しています。

コロナウイルス危険性、議論全体の失敗。 人々は、いろんな理由で死ぬので、今やすべての死をコロナウイルスのせいにするべきではありません。

しかし、私が発見したイタリア北部が感染症の焦点である理由は他にもあります。



以前ロンバルディアでは病気が蔓延していた


2015年から2017年の間に、ロンバルディア地方の髄膜炎による6人の死亡がメディアの注目を集め、ワクチン接種の需要が高まりました。

髄膜炎菌Cに対する予防接種のための包括的な予防接種キャンペーンを2015年からトスカーナ地方で実施さ​​れています。この予防接種は、20歳までの子供および青年を対象に無料で行われました。

2019年初め以来、この地域では髄膜炎が7例発生しています(B型が4例、C型が3例)。 人々はこれらの多くの死のために予防接種を受けました。

明らかな違いの外因性要素が存在する。イタリアの他の地域よりもイタリアで最高の医療システムを持っているにもかかわらず、ロンバルディアのコロナウイルスで死ぬことを容易にした要素です。

そして、外因性要素(外的要因)とは何ですか? 髄膜炎に対する広範囲な予防接種プログラムではないかと心配しています。

言い換えれば、ワクチンは体の免疫系を非常に低下させるので、ウイルスは信じられないほどの毒性で攻撃することができます。 それは高い死亡率のもう一つの説明になるでしょう。


高い大気汚染

感染と死亡の多い場所に共通しているものは何ですか? 武漢、テヘラン、ロンバルディアの共通点は何ですか? これら3つの場所の人々は、何十年もの間、気道を損傷する非常に高レベルの大気汚染に苦しんでいます。


感染の世界的な焦点のマップを見ると、大気汚染が高い場所は、感染率が高い場所でもあることがはっきりとわかります。 逆に、きれいな空気が存在する場所では、コロナウイルスはより穏やかに振る舞います。

したがって、健康を維持し、新鮮な空気の中を散歩し、日光浴を楽しみ、免疫システムを強化して、体が感染を防ぐことができるようにします。



ソース:
http://alles-schallundrauch.blogspot.com/2020/03/warum-ist-die-sterberate-in-der.html?m=1




イタリアで死亡した99パーセントの人々が他の病気を患っている。
Coronavirus: Italy says 99 per cent of people who died had other illnesses


封鎖で外に出られない人たち、仕事がなくて収入がなくなった人たちが精神的に病気になる前にどうにかしてほしい。



感染恐れて数分ごとに手の消毒したりで神経質になりすぎて精神衛生上よくないと思うんだ。




"誤診"で感染してない人に治療するとか、ありえそうで怖い。




| ブログ | 14:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

コメント















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT