FC2ブログ

アジア散歩

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

クラクフ散歩・ヴァヴェル〜カジミエシュ(ユダヤ地区)へ

クラカウ散歩のつづき



20190728180816479.jpg





20190728190605940.jpg
ヴァヴェルの丘を降りると洞窟があり、その付近には5分おきに火を吹くドラゴンが生息している。






20190728190607a3e.jpg
旧市街から南のカジミエシュ地区へ歩いていく






これがスカウカ教会か
20190728190610962.jpg







20190728190610207.jpg




20190728190613d20.jpg

中はメーソニックなデザインでした。
2019072819061304f.jpg







スカウカ教会の近くにある別の教会
20190728191458eb9.jpg



ここもメーソン色が強い。



201907281915063b3.jpg






天井にはバフォメットが描かれている。

20190728191501b99.jpg








201907281915024ca.jpg
謎の三角デザイン







ここはユダヤ地区(シナゴークのあるエリア)
2019072819235247e.jpg


13世紀にモンゴルの襲撃でいったん破壊された。14世紀よりクラクフは最盛期を迎え、1364年、カジミェシュ3世によってヤギェウォ大学(クラクフ大学 - コペルニクスが大学生として通った大学として知られる。ポーランド最古の大学)が創設され、それからも織物取引所、聖マリア教会などが建てられていった。モンゴルの襲撃による街の破壊と人口減少後、14世紀のカジミェシュ大王は積極的にユダヤ人を招き入れ、当時はヴィスワ川の中洲だった、河川を利用した運送に適した広い土地を彼らの自治都市として提供した。後にユダヤ人たちが豊かになるにつれて自治区は対岸にも広がっていった。


一部ヘブライ文字
20190728192353a83.jpg






ユダヤの本屋さん
201907281923556a8.jpg






20190728192356be7.jpg






20190728192358b8b.jpg

独特の雰囲気があります。





まだまだ画像が多いので次回につづく.......




7月現在のレート
1PLN (1,Zl) =30円

| ★ポーランドとドレスデン | 04:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

コメント















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT