FC2ブログ

アジア散歩

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

グダンスク3連都市グディニャとソポトへ

グダンスク、グディニャ、ソポト、これら3つの都市はまとめて三連都市(Trójmiasto)と呼ばれる。英語ではTri city または 3city と表記される。


【歴史】
この地域はポメラニアと呼ばれ、現ポーランド北西部からドイツ北東部にかけて広がる。ポメラニアの東端部の、ヴィスワ川を挟んでプロシアに接する地方はポメレリアと呼ばれる(中心都市はグダニスク)。鉄器時代、ゲルマン民族、バルト人とバルトVeneti民族が定住し、中世にはスラブ民族(西スラヴ人)とヴァイキングが居住していた。中世以降、いわゆる東方植民により低地ドイツ系の住民が増えていった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第1次大戦と第2次大戦に影響され、国境と人口は強く変動し、1945年後のドイツ人追放により戦前の殆どの住民は去ったか退去させられた。 1939年に第二次世界大戦が始まるとドイツ人住民とポーランド系住民はナチス・ドイツによってポメラニアから強制追放された。最初に約500,000人が追放され、ドイツ領土や諸外国へ移住した。

ポーランド領では、ドイツ系住民はオーデル・ナイセ線以西に強制追放され、ソ連領に併合された旧ポーランド領に住んでいたポーランド人が主に移住させられた。シュチェチン、コウォブジェク、グダニスクなどといった主要都市の市街地は戦争でほとんど破壊され人が住めない状態であったが、残された史料をもとにポーランド市民が数十年をかけて中世の姿に再建した。冷戦時代は大規模なソ連軍が駐屯していたが、1990年代に入り、駐留していたソ連軍はこの地から引き上げた。




1945年3月30日ソビエト軍により街が破壊された
20190804185720971.jpg




現在でもドイツ系の人たちが住んでいるので"ダンケ"や"アウフビーダセン"などのドイツ語を使ってるローカルもいました。






イヌの品種ポメラニアンは、ポメラニア地方が原産地である。また、世界の琥珀の90パーセントが同地方の海岸で産出されている。






朝、ホステルで朝食をとり
20190804042435cb9.jpg





グダンスク観光ではなくグディニャへ出かけます。





今回初めての鉄道たびでスタートはグダンスク中央駅です!




がここの鉄道駅には2つの鉄道会社があり、それぞれの切符売り場とプラットホームは別々です。

PKP はIC (高速電車)で料金もそれなりだけど近郊ならさほど高くもない。
切符売り場は駅のメイン入り口入ったらすぐに窓口が見つかります。





SKM はローカル電車でPKPの半額くらいの料金でした。
GDANSK glowny →Gdynia glowna 片道 6.50ズロティ。



SKM チケット売り場
20190717050820465.jpg
こちらは、駅構内からマクドナルドの方へ向かって外に出るとオフィスがあります。





分からなくてPKP の窓口並んでたけど長蛇の列で出発の時間に間に合わなそうだったので後ろの人に聞いたらSKMの切符売り場は外だと教えてもらいました。





切符
20190717051040c30.jpg
右のはグダンスクのスタッフから買ったものでバリデートする事(機械はホーム上がる前にある)左はソポトの券売機で購入(これはバリデートできないタイプ)





電車内
2019071705082129d.jpg






グディニャ到着してマーケットへ
20190804042436b62.jpg
アジアでもカラフルな髪の毛の人いるけど特にポー姉たちの間では青系の髪が人気です!







20190804043154815.jpg
海に着いた! まだまだ開拓中





20190804043157d1b.jpg
港、ソポト行きの船や北欧行きの船も停泊してたかな?






20190804043200e67.jpg
ヨーロッパの夏にありがちな移動式遊園地







20190804043157751.jpg
しばらく彼らについて行ってみたよw






バルト海ビーチ
20190804043200c1d.jpg

水着姿の人もいたけど寒いから泳いでる人はいなかった。






その後雨が降り立ち往生、、、、、





博物館とかあるけど特に楽しくないのでソポトに移動します。








Armii krajowejというグディニャの ソポト行きバス乗り場
20190717050824d0c.jpg








スケジュール
20190717050823e5e.jpg






バスチケット
20190717051041b84.jpg
Armii krajowej →Monte casino(ソポト目抜き通り) 片道4.20ズロティ


両端に打刻(バリデート)すること!
片方だけ打刻したらチケット検査の人に"20ズロチの罰金"取られるとこでしたが今回は見逃してくれました。








このバス、「次の停車駅」が表示されず乗車したバス停Armii krajowejのままだったのでバスが止まる旅にキョロキョロ位置確認してたら隣に座ってたポーおば様に行き先聞かれ『ソポトはまだ先よ』 そして別のおば様は『近くになったら教えるから大丈夫よ』席の近くにポー おば様たち3人いてみんな優しかった。 ポーランド人大好きだわ♡ そして英語話せる人の多いこと!!








2019080404390938e.jpg
モンテカジノ通り到着







20190804043911a6f.jpg
あいにくの雨天なので教会で雨宿り







20190804043912e1c.jpg
ソポトの名物歪んだ建物








20190804043913d6e.jpg
寒いのでテント内のレストランにはストーブが使われてる。







20190804043914904.jpg
左の方に、かなり長い桟橋






行ってみると





2019080404450377d.jpg

桟橋渡るの料金かかるんだね




外から見てますよ! 笑
20190804044505c3b.jpg



トイレ入るのにも3ズロティするからねココは




20190804044507946.jpg
カジノホテル マリオット




20190804044508c03.jpg
最後にバルト海を目に焼き付けてグダンスクに帰ります。



この街はビンボー旅行者向けじゃないね!
うすら寒いからカエルよー笑




| ★ポーランドとドレスデン | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

コメント















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT