FC2ブログ

アジア散歩

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ローマ遺跡と納骨堂・エヴォラ観光

エヴォラはポルトガル南東部アレンテージョ地方エヴォラ県にある町である。人口は、57,073人(2011年)。面積は1307平方キロメートル。スペイン国境に近い。ローマ帝国時代からアレンテージョ地方の中心地として栄え、ルネサンスの時代には、大学もおかれた学芸の都でもある。1584年9月には、伊東マンショらの天正遣欧少年使節が立ち寄った街でもある。

エヴォラの歴史は、ドウロ川以南のポルトガル及びスペインのエストレマドゥーラ州に居住していたイベリア半島の先住民族であるルシタニア人が建設したことに始まる。彼らによってアレンテージョ地方の首都として機能をエヴォラは持つこととなった。紀元前57年、エヴォラは共和政ローマの支配下に入った。これ以降エヴォラは二重の城壁を持った町へ発展を遂げた。ガイウス・ユリウス・カエサルはエヴォラの町を"Liberalitas Julia"(肥沃なるジュリア)と呼んだ。町の成長はエヴォラが交易路の交差点であったことからも続き、ガリアやルシタニアを旅行した博物学者ガイウス・プリニウス・セクンドゥス(大プリニウス)はエヴォラを訪問し、著書『博物誌』に"Ebora Cerealis"として記述した。その記述によると、当時のエヴォラは周囲を小麦畑で囲まれていたことが分かる。また、エヴォラの繁栄はこの当時に多く発行されたコインでも明らかである。町の中心部にはコリント様式の神殿が建立され、ローマ初代皇帝アウグストゥスが祀られた。
以上wikiより一部コピペ


リスボンからエヴォラまでバスで1時間半できました。
evora.jpg

※リスボンのセッテ・リオスバスターミナルからエヴォラまで1時間半~2時間で1時間おきに出発
料金:片道€12.50





観光する前にトイレへ行っておきたい方、エヴォラのバスターミナルにトイレがありますが利用するのに€0. 20の使用料がかかります。ドアの取っ手のコイン投入口には20セント玉しか入らないので事前に用意しておいてください。






エヴォラバスターミナルから歩いて10分
potugal (82)

観光の中心にきました。
この付近の観光案内所があるのでココで地図を入手する。








Ossos chapel まずはサン・フランシスコ教会に隣接する人骨堂







サン・フランシスコ教会は15世紀の終わりから16世紀の初めにかけて建設されたゴシック様式とマヌエル様式が混合した建築物である。長い身廊は、ゴシック建築末期の傑作である。多くの礼拝堂がバロック様式で装飾されている。隣接する人骨堂は、16世紀にフランシスコ会の修道士によって造られた瞑想の場で、壁面が5000体もの人骨で埋め尽くされている。




サン・フランシスコ教会は無料で入れます。
納骨堂入り口は教会の正面向かって右側にあり入場料は大人€4。




先に博物館を見学してから納骨堂へ入ります。
potugal (100)






16世紀に日本で作られた物であるらしい。
potugal (92)
potugal (93)








聖人ザビエル
potugal (96)
potugal (97)
あのフランシスコ ザビエルなのか?




ザビエル2
potugal (101)
それともこっちがフランシスコか?


フランシスコ・デ・ザビエル(スペイン語: Francisco de Xavier または Francisco de Jasso y Azpilicueta, 1506年頃4月7日 - 1552年12月3日)は、スペインのナバラ王国生まれのカトリック教会の司祭、宣教師。イエズス会の創設メンバーの1人。バスク人。

ポルトガル王ジョアン3世の依頼でインドのゴアに派遣され、その後1549年(天文18年)に日本に初めてキリスト教を伝えたことで特に有名である。また、日本やインドなどで宣教を行い、聖パウロを超えるほど多くの人々をキリスト教信仰に導いたといわれている





白昼夢におそわれたのかw
potugal (102)








小休憩 バルコニーからの眺め
potugal (105)




potugal (106)







ここから納骨堂へ入ります






potugal (111)








potugal (113)








potugal (115)









potugal (112)








大人のミイラ
potugal (119)

この隣には子供のミイラも展示されている。







天使のフレスコ画
potugal (120)







ドクロのフレスコ画
potugal (121)





Tempo Romano Evora ローマ時代のディアナ神殿
potugal (131)








エヴォラ旧市街は石畳がガタガタで歩きづらい。
potugal (137)








Aqueduto da Aque de prate 水道橋
potugal (138)








水道橋は町の外までつづいている。
potugal (139)




これからまたバスでリスボンに戻ります。


| ★ポルトガル | 18:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

コメント















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT