FC2ブログ

アジア散歩

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

アジアの西の果て バレイン

やっとアジア最後の記事になりました。
またアジアには戻りますがしばしのお別れですw






前回の”バンコク”からの続きでカテゴリーが”バレイン”になります。
日本語表記だとバーレーンというんだね。








バンコクからフランクフルト行き飛行機で経由地マナマ(バレインの首都)到着。
本来ならマナマ到着後50分でフランクフルトへ出発なのだが既に
バンコクで遅延したためマナマ泊は決まっていた。



次のフライトが24時間後なのでホテル提供されるのだがマナマ側の
グランドスタッフには情報が届いていなかったようで部屋を予約してもらうまで時間がかかった。
ホテルに泊まるのは私たちの他、もう一カップルだけでその他の人たちはお食事クーポンをもらっていた。




マナマからはフランス行き、イギリス行きの飛行機もでていたが
そっち方面行きの人たちは数時間のうちに乗り継ぎできたのだろうか?








バレインはサウジアラビアの横に浮いてる島国。
ここら辺の国は中東ともアジアとも言われるがよくわかりません。
bahrain (20)


かなり都会であるマナマ。








bahrain (21)


ボタン式信号機がモダンでかっこいい!

bahrain (22)








一泊 $150はする部屋に無料で宿泊!
bahrain (7)


bahrain (8)








一日3食 ブッフェも提供される
bahrain (28)








bahrain (32)








bahrain (34)








bahrain (33)

ここで使ったのは wifi代 $20

通常の宿泊客は宿泊料にwifi使用料が含まれているが
私たちビンボーパッカーは航空会社提供の無料宿泊のため
別途wifi使用料がかかりました。



>追記<
2010年の調査によると、バーレーン国籍は46%(568,39人)に過ぎず、半数以上の54%(666,172人)を外国人労働者が占めている。外国人労働者の中で最大の勢力はインド人で290,000人を数える。

住民はアラブ人が7割ほどを占めている(バーレーン人が63%、その他のアラブ人が10%)。その他にイラン人が8%、アジア人(印僑など)が19%などとなっている。シーア派多数の人口構成を変えるために、パキスタン等他のスンナ派イスラーム諸国からの移民を受け入れ、国籍を与えていると言われている。




そういえば国営航空会社のスタッフはみんな外国人で
ホテルのスタッフたちもアジア人やロシア人たちでした。





そしてホテル宿泊客やホテル内に併設されている「カラオケ」「クラブ」に
出入りしてる若いムスリム美女たちのファッションは短パンにスリーブレス
70年代のイラン人たちにように西洋人ぽいかっこうでした!


| ★バーレーン | 00:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

コメント















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT