FC2ブログ

アジア散歩

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

メコンの国のお正月

メコン5か国のうち、カンボジア(お正月はカンボジアの言葉で、チョール・チュナム・トメイ)、ラオス(同、ピーマイラオ)、ミャンマー(同、ティンジャン)、タイ(同、ソンクラーン)の4か国は、1年のうちでもっとも暑さの厳しくなる4月の中旬にお正月を迎えます。農民は農作業から解放され、一息できる時期です。人々は、旧年の汚れを落とし、新年の幸せを祈って、誰かれかまわず、水をかけ合います。

メコン5か国のうち唯一ベトナムは旧暦の正月「テト」を祝いますが、通常は1月下旬から2月上旬にテト元旦を迎えます。テト前の年末は、テトの風物詩である花市が立ち、年末年始の買い出しや帰省ラッシュで慌ただしくなりますが、テト元旦となると一気に静かになり、親戚や友人を訪ね合って正月料理を囲みます。テトを彩るのは、北部でバインチュン、南部ではバインテトと呼ばれる正月独特のちまきと、北部ではピンクの桃の花、南部では黄色の梅の花で、届いた年賀カードはこの桃や梅の木の枝に飾ります。お年玉をあげる習慣もあり、七福神の絵など鮮やかな赤色のお年玉袋に入れて、年長から年下のみならず、年下から年長へも渡します。


以上メコンのお正月より抜粋



これまで経験したメコンの正月は

タイランド
バンコク、ソンクラーン前夜祭=カオサン通りで水に溶いたタルカムパウダーを顔につけられただけ。
チェンマイで本番=汚いお堀の水、イチゴ水、ビール、氷(物凄く痛い!!)投げられ体調崩しその後激痩せした。
サンコムというメコン川沿いの小さな村の村民たちは水掛ける前「掛けていいですか?」と声かけてくれ、ビールもごちそうしてくれた紳士であるw
アユタヤでは水かけ祭りの様子をレストランで眺めていた(店内には掛けてこない)。
ハジャイはそれなりに大きい街だがチェンマイほど酷くなく、それなりに濡れました。


カンボジア
バッタンバン、タイみたいに大の大人が水掛けすることはなくちびっ子が水鉄砲で攻撃するのみ。
おそらくカンボジアでは水かけ禁止している(海の方は知りませんが)







そして2015年4月13日プラチュアプキーリカンでは、
ソンクラーン初日、朝から嵐でした。
豪雨に混じって雷発生、台風でもきたのだろうか?




寒いと水かけとかしてる場合じゃないよね。。。。。



小雨になったころ外に出ると
songkran2015.jpg

道挟んで両側で戦っている!
songkran20152.jpg




三菱の戦闘車発見!
songkran20154.jpg



こっちにも!
songkran20155.jpg
1日目こんな感じで戦力弱めでしたw


2日目は更に減り
3日目の今日、何も見てません。




プラチュアプだからなのか?
法律で激しく戦うことを禁止してるのか?
わかりませんが今回は濡れずに済みましたww




水かけ祭りのバナーに「お酒を飲まずに楽しみましょう!」と書かれてたな。
最近は、公園やウォーターフロントでも「禁煙」「飲酒禁止」看板が掲げられるようになって
タイも不自由な国になってきたなぁ〜、、、、タバコ吸わないし、酒も飲まなくなったけどね。




| +プラチュアプキーリカン | 16:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

コメント















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT