FC2ブログ

アジア散歩

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ミャンマーの国境で力果てる 

ここでは、Prachuap Khiri Khanをプラチュアプキーリカンと記しいてますが
日本語だと          プラチュワップキーリーカンと表記されてますね。


アプでもワップでも、どちらにも聞こえるかな。



因みにHua Hinアヒンでなくアヒンと日本語表記されている。
実際タイ人の発音ってどっちなんだろう? ホとフの間かな??
まあ日本語にそんな微妙な発音ないから忠実にはカタカナ表記できないですねw






先日、ミャンマー国境ちかくの入管へ行ったときのはなしです。



今回タイにはビザ免除の30日滞在有効なスタンプをもらって入国しました。
それを更に30日延長してもらうためImmigration office(入国管理局)で手続きしてもらいます。
入管は中心地から14km(観光案内所で23kmと言われたが)離れた国境付近に位置してます。

mapofprachuap.png
の位置はプラチュアプ鉄道駅
が入管があるDan Singkhorn(ダンシンコン)という村(?)
paprikaman.jpegピーマンは国道4号線にあるテスコというイギリス系のスーパー。





この日は朝7時前に宿を出発してママチャリで中心地のあたりから
裏道通ってピーマンのあたりの国道4号線へ向かいました。



実際ピーマン(テスコ)下に学校があり歩道橋がかかっているあたりで国道4号線を渡る。




左はチュンポン方面
way2chumpon.jpg


右はホアヒン方面に続く道
way2huahin.jpg



国道わたるとRural Road1025につながっているので真っ直ぐ走るだけ。
ruralroad1025.jpg
※「Dan Singkhorn」という看板はでていないので”Rural Road1025”が目印になる。






Rural Roadというだけあって田舎道で交通量も少ないので走りやすいのだが
”ママチャリ”で長距離走行するのはかなりキツイのです。




1,まずサドルの位置が少々低くて膝に負担がくる。
2,長時間乗っているとサドルがあたってる部分のお尻が痛い!!
3,ペダルが重い上、早足で漕いでも進むのが遅い。



なので途中から相方の方のママチャリと交換してもらったら
サドルは高くペダルも軽いし、ぜんぜん楽でした!! (笑)




入管いくまでの田舎道は緑が広がりヤギの群れが草を食んでたり
回転する自転車のタイヤ見て興奮する犬が追っかけてきたり長閑でしたww







さて、入管です。
imigra.jpg
だいぶ手前には「Immigration」の看板があったのだが
建物の前には特に目印もないので見落としてしまいそう。




imigraparking.jpg
このチャリで来ました!

ピンクの方が疲れるチャリンコ。







入管は平日の8時30分からオープンするのだが
10分前に着いた時には大勢のミャンマー人たちが扉の前に待機してました。





これは、3時間後ねw
infrontimigra.jpg

オフィスの中は狭くてどのカウンターで手続きしてもらえるのか
列の最後はどこなのか、わからないくらい混んでてカオスでした。



ネット情報だと10分で手続きできると書いてあったのだが
自分たちの番がくるまで2時間待たされました(疲)




ミャンマー人の中にはタイ語が話せるが読み書きできない人がいて
必要事項を記入する用紙に入管スタッフが記入したりで時間のかかること。




ようやく番がまわってきた。




スタッフが私のパスポートを見て一言。













あなたは7日間しか延長できないわ。




はい?!





どういうことですか????????????






次回へつづく、、、、、、、、、、、、



| +プラチュアプキーリカン | 01:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

コメント















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT