FC2ブログ

アジア散歩

2019年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

スルタンアフメット〜新イスタンブール空港へ


新イスタンブール空港行きエアポートバスはスルタンアフメットから20分置きに出発
支払いはイスタンブールカードで18リラ。






20191103005414427.jpg
交通事情にもよるが私たちの乗ったバスは1時間弱で空港に着いた。







新イスタンブール空港
201911030054159e7.jpg



トルコではテロを警戒して空港内ヘ入るときからセキュリティチェックで荷物検索をされるが水などの液体は没収されないので、そのまま行っても大丈夫!(もちろん出国手続き後のセキュリティチェックでは100ml以上の液体は持込ない)





空港内部
20191103005417d79.jpg






出国手続きを済ませいざ搭乗!





初めて利用するサウジアラビア航空
2019110300541825c.jpg

機内はガラガラだったので足伸ばして眠れた!!






経由地リヤード空港 Lavazza コーヒーのアラビア文字
2019110300552210b.jpg





ここ数年のテロの影響でトルコは治安面で危険な国というイメージ
2016年6月28日にイスタンブールのアタテュルク国際空港で起きた大規模なテロ。翌年1月1日には外国人観光客をも巻き込んだナイトクラブでテロを起こした。また、反政府武装組織クルド労働党(PKK)も、2015年に政府との和平プロセスが崩壊して以来、イスタンブールや首都アンカラをはじめとする都市で警察や軍を標的にテロを起こしている。現在でも治安当局による捜査や摘発は続いている。

シリア国内の情勢が悪化し、隣国であるトルコにはシリア難民が流入している。難民の中には医療や教育などの公共サービスを受け、支援されながらも苦しい生活を送っている人たちもいるが、その中にISIL関係者が紛れ込んでいる可能性も十分にあるため、トルコ治安当局は現在も取り締まりを継続し、トルコ各地でISIL関係者を拘束している。




今年10月9日トルコ軍シリア北部を攻撃

トルコ軍はシリア北部を実行支配するクルド人勢力に対し地上部隊を投入して越境攻撃を開始した。シリアのクルド人勢力はアメリカの支援を受けて過激組織「イスラム国」と戦ってきたがトルコ国内のクルド人反政府武装組織と同一とみなし敵視している。



昨年と今年とトルコの観光地を旅行した感想

治安は良かったです。深夜歩きしてても危険は感じませんでした。以前(10年前)と変わったとこはバッパーは見なくなり、ツアーや団体で旅行してる人は多かったのと難民の多さ!! 特にボドルムには難民を受け入てるホテルやキャンプがある。










今回の旅で使ったのは一人€300ほど。(トルコ出入りの飛行機代含まず)


アジアのような超安宿はないが中級宿のコスパはアジアより良かったです。



トルコまたねー。

ギュレギュレ(・ω・)ノ




レート

1リラ= €0.15
1リラ= 19円


€1= 6.3リラ
100円= 5.3リラ




関連記事

| +イスタンブール | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

イスタンブールの宿 Simと WhatsAppの必要性


少アヤソフィアの内部
20191103010348073.jpg

この近くの宿に泊まった。






ここイスタンブールもアンタリヤと同様、事前にネット予約しておく方がいい。

昨年泊まったホステルは名前を変えてホテルになっていて、下調べしていた宿は、部屋がなかったり遠かったりで移動するのが億劫になってきた。





最終的にドミに泊まったが€8で狭い。

201911031624372b7.png

バスルームは鍵がかからないし、センサーで反応する照明はじっとしていると直ぐに電気が消えて真っ暗になる、グダンスクで泊まった宿と同じだ。ドミに泊まってた人たちは感じ良かったが1泊が限界だな。



ルームメイトたちはイラン人とかタジキスタン人でなかなかのレア国籍の人たちでフレンドリーで良かったが部屋がダメね。




てことで翌日の宿はネットで予約することにした。





小アヤソフィアの前にある宿
2019110316243443e.png
部屋のコスパは良かったんだけどチェックインするのに時間かかった。





チェックインは14時〜だったので、その時間に行ったがドアが閉まっていて中に入れない! ドアにはワッツアプの番号だけが書いてあるだけで何の説明もなし?! そんな中、相方はトイレ探しにどこか行ってしまった。


予約したサイトに電話番号が載っていたがトルコ最後のこのタイミングでSimを買うのはバカらしい、どうしたものかと宿の前で考えてたら、宿の最上階に泊まってる人がバルコニーにいたので相談したらスタッフにメッセージを送ってくれた。


この人がいなかったら、、、、



5分ほどでスタッフが到着したので私の名義で予約したので名前を伝えたのだが

「Do you speak english?」 と質問された。

たった今、英会話してたよね? 通じてたよね! 






とりあえず建物の中に入るが今夜、私たちが泊まる部屋にアジア人ぽい女の人かいる。



「彼女がこの部屋チェックアウトしてから掃除婦呼ぶから、その間ボクのレストランでコーヒーでも飲んで待ってください」



「どのくらい時間かかるの?」





「20分くらいで終わります。」



とりあえず荷物だけ置いてコーヒー飲まずに観光しに行った。



17時に戻って来たが掃除してなかった!  




メールで" 掃除してくださいと" 丁重に文句を言ったが部屋の外の道具入れにシーツを見つけたので自分たちで掃除した。20分後に清掃スタッフがきたときは部屋完成させてましたw



これからの時代SimとWhatsAppのアカウントがないと乗り遅れるぞ! 







レート

1リラ= €0.15
1リラ= 19円


€1= 6.3リラ
100円= 5.3リラ


関連記事

| +イスタンブール | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

サビハ・ギョクチェン空港からタウンへ ・イスタンブールを観光!

サビハ・ギョクチェン空港からタウンへ




空港から中心地までの交通
20191102234419ade.jpg







エアポートバス
20191102234420b0c.jpg


ハヴァシュバス
空港からタクシム( ガラタ塔エリア)かカディキョイ(アジア側) まで18リラ 






バスとメトロでスルタンアフメットへ
1年前に使ってたイスタンブールカードが5.18リラ残ってたのでそこに20リラチャージした。

E9バスpendikまで乗車した(がカードからお金引かれてなかった。ちゃんとスキャンできていなかったのだろう)
Pendik からメトロでM4ラインAyrilik Cesmesi まで2.60リラ
Marmaray(TCDD)ラインに乗り換えSirkeci ヘ4.40リラ
そこからスルタンアフメットへ歩く。

*Marmarayラインはpendik からもあるが乗り場が分からなかった。





イスタンブールに到着。
20191102234425b95.jpg










水とコーラ
201911030034050ab.jpg
水道水も飲めるけどスーパーで売ってる水が安いので大きいボトルで買ってました。

トルコには好物のソーダ水が売ってないので代わりにコーラ毎日飲んでたよ。そりゃ痩せないよねw 








2019110300303854c.jpg
見た目で買ったけど、このチーズたいしてうまくなかった。










20191103003037e28.jpg
カイマックという生クリームのような乳製品。濃厚で美味い!



トルコは乳製品が安く、ヨーグルト、チーズ、生クリーム、アイランのどれかを毎日食べてました。











また、ボスポラスクルーズしてきた。2時間で25リラ
20191103003555d2a.jpg



20191103003557a58.jpg
昨年乗ったのと違うがタイプのフェリー



2019110300355824f.jpg
天気悪くて肌寒かった!











馬に跨る警官
20191103003947041.jpg









20191103003949fbf.jpg
オシャレなピアスが100円以下で買えるよ。
コレクションが増えた! 








スレイマニエモスク付近の街並
20191103003950f49.jpg







ガラタ塔
201911030039521cb.jpg








ザクロってこんな風に皮むくんだ
2019110300395370e.jpg








2019110300395521e.jpg
次回来るときは、こっちのベイオール地区に宿をとろう。










Tunelというケーブルカー
20191103002600f54.jpg

開業は1875年で、世界で2番目に古い(ユーラシア大陸では初)地下鉄であるが、地下ケーブルカーという特殊な方式であるため、世界で2番目(ユーラシア大陸初)の地下鉄としてはハンガリーのブダペスト地下鉄1号線(地下鉄として唯一世界遺産に登録)があげられることも多い。



カラキョイ〜ベイオールまで結んでいる。
乗るときはイスタンブールカードを利用する。料金2.60リラ



別の日、Metro funicular というケーブルカーでカタバシ〜タクシムを結ぶ路線も利用した。料金同じく2.60リラ





20191103002601264.jpg












夜のベイオール
20191103002603db1.jpg







見た目が美しいトルコスイーツ
201911030026058fe.jpg

激甘だよ!









この光る絵(電球がついてる) トルコ各地で売ってます。
20191103002606666.jpg






レート

1リラ= €0.15
1リラ= 19円


€1= 6.3リラ
100円= 5.3リラ


関連記事

| +イスタンブール | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

クシャダス〜ボドルム〜イスタンブール

今日はバスでボドルムに戻ります。






朝、キャンプ場をチェックアウトしオトガー(バスターミナル) まで歩いたがボドルム行きバスがない。(おそらくボドルム直行バスは朝の9時頃と午後以降)。


ということでドルムッシュでソケ/ Sokeという街へ行き、そこからバスにのりかえてボドルムへ行くことになった。


クシャダス〜ソケ/Soke 8リラ


オトガーから出発しソケへ行く前に歩いてきた道(中心地) へ戻ってるではないか!! これなら初めから中心地でドルムッシュ拾えば楽だったのに!!w



20191018044218538.jpg













ソケ〜ボドルムまではパムッカレバスという会社で30リラ。サンドと飲み物付き!
20191018044221e26.jpg

行きに乗った、efe tur バスは何も出なかったよ。







201910180442200dd.jpg
バスの車窓から広がるコットンファームの景色!









そしてボドルムに帰って来た!!



ホテル部屋からの眺め
20191102234230d0f.jpg


今回のトルコ旅行で一番長く滞在したのがこのボドルム。
クシャダス行く前の1週間と戻ってきてから1週間以上の滞在で何だかんだで一日一日伸ばしていったがそろそろイスタンブールへ行かなければいけない。
 





ボドルム〜イスタンブールまでのバスだと12時間かかる上に130リラする(もっと安いチケットも存在すると思う)




ネットで検索してたら明日、早朝のボドルム〜イスタンブールまでのフライトチケットが何と110リラであった!! しかもLCCではなくトルコ航空!! 15時間後のフライトだ。迷ってるヒマはない取ってしまおう!

※チェックインどきにスマホのEチケットを見せればプリント不要(おそらく国内線の場合のみ)





ボドルムシティ〜空港へ




オトガー出発 バスの時刻表
20191103000957a7f.jpg
• 一番左はバス出発時刻
• 右はボドルム空港から国内線のフライト時刻
• 一番右が便名




国内線のフライト時刻に合わせて出発する。(国際線利用する場合は3,4時間早めに行動しましょう。)

空港までのバス料金23リラ 所要40分









ボドルム空港に到着
20191102234234c90.jpg



空港のキオスクでセルフチェックインしたら3席しか残っておらず全て真ん中の席だけだった。それをプリントして荷物預けのカウンター行ったら別の席のチケットを発行しなおしてくてました。







悪天候のため1時間延滞した。






トルコエアー機内食
20191102234234cbf.jpg










ボドルムからイスタンブールの飛行時間は1時間を予定してたと思うが
20191102234236db8.jpg


滑走路が混雑していたのだろうか?イスタンブール上空でしばらく旋回していた。


何周かした後、ようやくイスタンブールに着陸!










レート

1リラ= €0.15
1リラ= 19円


€1= 6.3リラ
100円= 5.3リラ




≫ Read More

関連記事

| ★トルコ | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

クシャダスのキャンプ場

クシャダスの中心には2つのキャンプ場が隣合わせで営業してるが前回、利用したÖnder キャンプは工事中だったので、今回はその隣のYat キャンプの方に泊まることにした。







2019101421401522f.jpg
プールが付いているが泳いでる人いなかった。10月だからね!















20191014214013e55.jpg
大型万年テント。



おそらく年契約でテントを置いているローカルたちが週末や休みの日を利用して泊まりに来る。










2019101421401225a.jpg
バンガローもあるよ。














20191014214010867.jpg
敷地は奥に広くヨーロッパからキャンパーで来る人が多い。








20191014214116c35.jpg
われらの城w








20191014214118b2f.jpg
中は、こんな感じ











20191014214119b05.jpg
キッチンは付いてないのでスーパーで買ってきた物を食べる。
















こんなカワイコちゃんたちが一緒だよー!!

201910142150197c8.jpg













20191014215017dcd.jpg

なぜかテントを支えるヒモに夢中なネコちゃんたち












20191014215016cfb.jpg
この子には、たくさん噛まれましたw



トルコのネコはすり寄ってきちゃ噛んだり引っ掻いたり手加減なし。マジ痛いよー!













テント2人で1泊の料金70リラ
通年オープン






10年前はこの半額以下だった(泊まったのはお隣だが同じ内容)。
トイレはペーパー付いてないしキッチンもない、代わりに素敵なプールはあるけど泳がなかった。





10日ほど泊まるつもりでいたけど3日でギブアップ。
3日目の夜は万年テントのトルコ人たちが夜遅くまで騒いで煩かった!





この値段ならペンション( ホテル) 泊まるのがお得です!








レート

1リラ= €0.15
1リラ= 19円


€1= 6.3リラ
100円= 5.3リラ


関連記事

| +クシャダス | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT