FC2ブログ

アジア散歩

2018年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年02月

| PAGE-SELECT |

バンコクの日々

201901251124123ed.jpg
「Do not _ tree」 この中にあてはまる動詞を入れよ!





Do not hug the tree








20190125112413aab.jpg

バンコク都バスのチケットコンダクターが持ってるカンカン売ってるよ! 結構いい値段だよね。





約、一月滞在したバンコクでの出来事を書きましょう。




基本、寝る、食べるの繰り返しでした(笑)
バンコクには物欲を掻き立てるような魅力的なモノが多いので大量に服やピアスを買った。しかも一品20~50バーツ(60~150円ほど)





ここからは劇作家風に書いていく'笑





登場人物(定宿の常連)

アントニー(旅を始めた頃からの知人【英】
一石(アインシュタインそっくり【仏】
Dr ストレンジラブ(自分の存在を知らしめるかの如く声デカイ【北米】
デメンス(全身から香水オドーが漂う下品なオッサン【仏】
ノブ(新しい仲間、好好爺としておっとりしたオジサン【独】




朝食を食べてからロビーで人間観察するのが日課だ。
8時ごろには一石が定番の席に着いて朝食をとっている。彼が来る前に他の誰かが座ろうとも一石は必ずその席に着くことにしている。特に害はない。




しばらくするとDr ストレンジラブがロビーに降りてきてセルフでコーヒーを淹れる。顔見知りがいるとねっとりした話し方で人の3倍はあろうかと思われる音声で話しかける。会話を盗み聞きしたが彼のアゴはよく外れるらしい。見た目は3流ビーチボーイで年寄りでもなく50代といったところか?




この辺りでデメンス氏が登場する彼は一石Dr ストレンジラブのように自分専用の席を設けてない。空いてる席に行く。初めて見たときはかなり強めの香水をつけ彼の姿を見かけなくともアロマで存在を認識したが最近は香水切らしてるのか無臭だ。下品なのはいつも痰を絡ませ宿の玄関口に吐くところ。フランス人だが中身は中国人だったw




この後、我らの友アントニーが登場するのだが彼は長期で滞在してるのでみんなと顔見知りだ。この常連たちにこの宿を紹介した張本人。とりあえず知り合いたちはバラバラの席に着いているのでみんなに挨拶周りしながら最後にうちらの座る席に落ち着く。



ここにはうちらの他、新しく知り合いになったノブがいたり、いなかったりだが彼らの会話を聞いているとまるで漫才のようで面白い。




ある日の二人の会話



オランダ人のおばさんが通り過ぎざまにアントニーに挨拶した。



ア: 彼女とは20年前にボドガヤのメディテーションセンターで会った以来だよ。あの頃は仏教にのめり込んでたからね。



ノ: え? パタヤでメディテーションできる施設あるの?



ア: あ、、、、あそこはタントラ専門だな。笑





ノ: 昔はお宅の国は大英帝国でデカかったよなーいろんなとこに植民地作ってさ。ドイツは敗戦後ほとんどの土地を失って小さくなったもんだな。ところでお宅はまだ色んなとこ所有しててジブラルタルとかイギリスから離れてるけど、あの近辺の国に返す気ないの?




ア: あそこは、戦略的要衝の地として軍事上、海上交通上、重要だから手放せないんだよ。







イギリス人もドイツ人もシニカルのセンス似てるからか、こういう会話してて気まずくならないのかな?お互い信頼してるのだろう。



日本人と韓国人と中国人がいたら歴史とか領土問題の話題は怪我したくないから敢えて避けるよね。





そろそろビザが切れるので移動しなきゃいけないのだが風邪をひいたらしい。高熱と咳がでて寒気までする、、、、、。



関連記事

| +バンコク | 15:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

バンコクから安宿がなくなりつつある

このブログも7年目に突入です。
今年もよろしくお願いします!

ブログは気が向いたときに書こうと思うので不定期で発信していきます。気が向いたら読んでやってください!笑







ここはバンコク
201901040047586a6.jpg

バンコクといえばカオサン通り。(地元っ子にはカオサンよりバンランプーと言った方が通じると思います。)



このエリアに来るとイキった人が多いよね!
頭ドレットにして何処かの部族よろしく刺青入れて(バラとか羽とか小さいのはカワイイのに)両腕&両脚に惜しみなく掘られたあれらに日本語で「ゲス野郎」という文字見つけた。本人意味知ってるの? みんなで同じ格好してるから全然個性的じゃない。笑





20190104004759bbf.png
ココ日本人には有名なタイグリーンゲストハウス。
火事になって閉鎖している。





他にもママーズやNPやニューメリーVやサワッディーもクローズして安宿が消えつつある。今やバンコクの宿と言ったら値段高めのホステル(東欧のが安い)やホテルも中級でアップマーケットなのばかりが主流だ。







ラッキーなことに定宿はまだ値上げされてないのでセーフ!





宿の屋上からの眺めが最高。
201901040047562f2.jpg

次回のために他のエリアも開拓してみるかな。



関連記事

| +バンコク | 01:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |