FC2ブログ

アジア散歩

2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

哲学の道

円形劇場とフォロロマーノ? のつづき





てきとうに聖なる山から哲学の道へ降りてきました。






古き良き時代のハイデルベルグ
hilosophiweg (1)








今も悪くない
hilosophiweg (2)






哲学の道にはベンチが用意されている
hilosophiweg (3)









Standortという印が今いるところで
hilosophiweg (4)
の方向にあがっていけば聖なる山の遺跡にたどり着ける







哲学の道ぞいにある花園
hilosophiweg (5)






下町におりるまで(下から上がる方のがしんどいですね)の道は坂道なので歩きなれてない方はキツイかも。
ココがマレーシアならゴルフカートが用意されているでしょうねw






この界隈(丘)は豪邸しかありません
hilosophiweg (6)


hilosophiweg (8)









下界におりてもハイデルベルグ新市街は古い豪邸ばかり
hilosophiweg (10)





ここから歩いて自転車の置いてあるハントシュースハイムへ戻ります
hilosophiweg (9)


hilosophiweg (12)








★ハントシュースハイムからHeiligenberg(聖なる山)までバスが運行している

bus stop
38番のバスでTief Burg(ティーフ城)の前から乗る






【時刻表】はTief Burg(ティーフ城)の次のバス亭のものだが時間は変わらないだろう
handshusbusstop (1)
左・月~金
中・土曜
右・日祝日


ここがティーフ城となりのバス亭
handshusbusstop (2)







これは聖なる山(Heilgenberg)からハントシュースハイムまでのルート
heiligberg (25)
heiligberg (26)



Heilgenberg~は祝祭日のみの運行?
heiligberg (27)







聖なる山の遺跡群へはハントシュースハイムから歩いて(or バスに乗って)きてハイデルベルグ旧市街方面の哲学の道へでる方法もあるし行き帰りとも哲学の道を通るのもよいでしょう。










帰り道チャリがパンクしましたww
faradkapto (2)
faradkapto (3)
faradkapto (4)






今日もがんばったね、、、Σ(´Д`*)

関連記事

| ★ドイツ | 00:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

円形劇場とフォロロマーノ?

聖なる山~Heiligenbergのつづき




聖なる山(Heiligenberg)マップ
heiligberg (23)







今は Pマークの上 Standortのところ
heili-map.jpg

ここから円形劇場~聖ミシャエル修道院へと向かう





聖シュテファン修道院跡から駐車場をぬけ円形劇場までは歩いて10分くらいだったと思う。






円形劇場入り口
heiligberg (29)

さあ中へ
heiligberg (30)









正面からの眺め
heiligberg (31)







斜め横から
heiligberg (34)








上から
heiligberg (36)

Thingstätte(円形劇場)
デザインは建築家ハーマン・アルカー担当。収容スペースは座席数8、000人、立ち席で15,000人
ナチ党により1934年4月施工開始1934年7月に外装が完成。工事の休止再開を繰り返し1935年6月に全設備が整う同月22日、ヨーゼフ・ゲッペルスの演説に2万人の人々が出席した。


戦後の1947年には米軍による「ジャズコンサート」が開催された。
1980年~毎年”Walpurgis Night”というお祭りでファイヤーダンサーやジャグラーたちが集まり14,000人が参加した。
2014年~祝祭日のシティーバス運行開始。





円形劇場をあとに先へ進みましょう!







聖ミシャエル修道場 入り口
heiligberg (37)








入場無料のサイン
heiligberg (38)

この日だけか普段から無料なのかは不明。
これアジアならお金とられるね!(しかも外国人料金とかいってボッタくるw)






遺跡
heiligberg (39)

修道院が建てられたのは1023年ごろで16世紀には廃墟と化していたらしい。
ほとんど情報がないので詳細わからず。





塔の階段幅広くてのぼりやすい!
heiligberg (41)








ローマにある フォロロマーノ的な遺跡
heiligberg (43)







ローマ的な柱
heiligberg (44)







平面図
heiligberg (45)








フリードリッヒ1070年 没?
heiligberg (46)








フリードリッヒの石が置かれている部屋
heiligberg (48)







営業時間
heiligberg (49)

4月~9月の火曜~日曜
    8時ー19時

10月~3月の火曜~日曜
     8時ー16時







修道院跡をはなれ円形劇場の近くの道で見つけた看板




古代ケルト人の作った乗り物「馬車の原型」が見つかった場所
heiligberg (50)

heiligberg (51)

この付近にケルトの道という獣道のようなのもあったが私たちは「哲学の道」へ向かった





ハイデルベルグの哲学の道
へつづく・・・


関連記事

| ★ドイツ | 01:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

聖なる山~Heiligenberg

ハントシュースハイムのつづきから




ハントシュースハイムからThingstätte という円形劇場へ行きたかったので丘を登り適当に進むと石の道しるべが現れた。


handshusheim (14)

これを見てもどっちに行けばいいのかわからない。
とりあえずハイデルベルグ方面に行けそうな道を歩いた。








ハントシュースハイムから歩いて1時間くらいたっただろうか





石造りの小屋がある
heiligberg (7)








中には井戸がある
heiligberg (5)








井戸の図 かなり深いらしい
heiligberg (4)


heiligberg (6)






この建物の歴史が書かれたドイツ語の看板があったがけっこう古いらしい。
後日ネットで検索しようと思ったがココの名前がわからないw

heiligberg (1)
小屋から50m行った先にも遺跡あった。








聖シュテファン修道院
heiligberg (9)


heiligberg (10)






聖シュテファン修道院は11世紀の終わりごろに完成
heiligberg (19)

ドイツ語の隣に英語の看板もあったと思う。






さあ、塔に上がってみよう!








中段踊り場的な見晴台
heiligberg (17)








さらに上へあがる
heiligberg (18)








塔のテッペン
heiligberg (15)








中段の見晴台が小さく見える。地上ベンチにはおしゃべり好きな女子たちw
heiligberg (14)







塔からの眺め ハイデルベルグ旧市街
heiligberg (12)










旧市街の古城をズーム
heiligberg (13)









下りましょうか
heiligberg (16)






ここからThingstätte (円形劇場)は近い!





次回 Thingstätte 円形劇場とフォロロマーノ? へつづく
関連記事

| ★ドイツ | 19:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

ハントシュースハイム・手袋の家という名の街

1903年ハイデルベルグに合併したハントシュースハイム区はハイデルベルグの北側に位置する街。





ハントシュースハイムの町の名前の由来は、或る騎士がHandschuh手袋をなくし、それを拾って届けてくれた乙女と、その事が縁で恋仲になり、結婚したと云う。

https://i.4travel.jp/travelogue/show/10982769
詳しくは上記のurlの記事を読んでみてください。(この方の記事は独語の本から訳されてるので読み応えあり!)







ハイデルベルグ中心地からくる場合


ビスマルク広場(Bismarkplatz)からトラムにのって
bismark-handshus.jpg





ハンストーマ広場(Hans-Thoma-Platz)あたりで下車
hans-thomas.jpg


私たちは自転車に乗ってきたので「ハントシュースハイム行きは」運ちゃんに要確認で



街中
handshusheim (9)

ハントシュースハイムはベルグシュトラッセ(山街道)のワインハイムとハイデルベルグの間に位置する街(ハイデルベルグの一部だが)
訪独のたびにワインハイムやハイデルベルグには行くのにいつも通り過ぎていた。今回初めて町歩きした。






教会
handshusheim (7)









ティーフブルグ城
handshusheim (1)

handshusheim (3)

handshusheim (6)

城は中世に築城されたらしいが何年頃なのか記録がない。
1689年1月、30年戦争で破壊された城の隣に新しく豪邸を建てた。のちに安全性を考慮しオリジナルの城は解体され1911と1913年 Raban Graf von Helmstatt伯爵によってリノベートされた。今では城の一部はお祭りどきに利用される。





城まえカフェ
handshusheim (4)









無料の本たち
handshusheim (8)





ここからはチャリを駐輪し丘を登ります。







丘からの眺め
handshusheim (10)








伝説の手袋
handshusheim (11)







来た道
handshusheim (13)







次回 聖なる山 Heiligenbergへつづく







関連記事

| ★ドイツ | 17:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

マンハイム工場街クルーズ


チャリでマンハイムに来ました。





マンハイムシティービーチ
manhheim (2)






ここはネッカー川岸にある人工のビーチ
manhheim (4)

ここで泳ぐ人は見ない。(しかも昼前でまだオープンしてない)
ただビーチチェアーに寝そべって日焼けしたいだけなんだろね。







ビーチ隣の船着場
manhheim (1)









白鳥たちよ楽しみたまえw
manhheim (3)


今回はマンハイムクルーズしにここへ来た。







クルーズ開始の一時間半前でこの人!
manhheim (6)










出航40分前にできあがるw
manhheim (9)








あちら側に向けてスタート
manhheim (12)




こっからさらっと写真を載せるw




教会
manhheim (14)










manhheim (15)










工場
manhheim (16)










何故か相席するほどの乗客数というか船内には空席もあった。
manhheim (17)










何だかわからないビルとフランスの船
manhheim (20)









二股ネッカー川
manhheim (22)









川しま
manhheim (23)










小麦粉工場
manhheim (29)









鉄クズスクラップの規模は世界一だそう(欧州一か?)
manhheim (32)









小麦工場をあとにそろそろ終盤
manhheim (37)










ザ工場的な
manhheim (39)











ここで水位を2,30センチあげる
manhheim (40)










チョコレート工場まできたらおわりだー
manhheim (41)


マンハイムのにおいと言えばチョレート!
今さらながらチョコレート工場の場所を発見できた。







さあ、チャリに乗って帰りましょう!









関連記事

| ★ドイツ | 04:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT