FC2ブログ

アジア散歩

| PAGE-SELECT | NEXT

奄美最終日·田中一村美術館

今日は奄美旅行最終日

20200728131038b7a.jpg








20200728131042b63.jpg
最後の日が一番天気がいい!







赤尾木の宿から空港は近い。




出発まで時間があるので最後に田中一村記念美術館へ行くことにした。




赤尾木からは空港行きのバスに乗り「奄美パーク」で下車する。



【バス】

✫赤尾木ー奄美パーク 330円 所要時間10分

✮空港ー奄美パーク 200円 所要時間5分





202007281310432b6.jpg

奄美パークと田中一村共通券=630円でお得だが、あまり時間がないので田中一村美術館だけの520円の方を購入した。


田中 一村
(1908年7月22日 - 1977年9月11日)は、日本画家である。中央画壇とは一線を画し、1958年、50歳で単身奄美大島に移住。奄美の自然を愛し、亜熱帯の植物や鳥を鋭い観察と画力で力強くも繊細な花鳥画に描き、独特の世界を作り上げた。本名は田中孝。奄美市名瀬有屋38番地3には、最後の10日間を過ごした家が、田中一村終焉の家として移設保存されている。




※ちなみに美術館内のロッカーは無料で使える(100円入れるが最後に戻っくる仕組み)ので空港から来られる方や行かれる方、荷物持ってきて観光できます。



20200728131152021.jpg







2020072813115527d.jpg

展示されてる作品は、未完のスケッチや水墨画、カラフルな日本画などバラエティー豊富な作品と幼少時代に描いた蛤の絵は、8歳とは思えないほどの出来でした。特に奄美の風景画の、光と影のコントラストとアングルが素晴らしく気に入った!!







当然のことながら美術館に展示されている作品は撮影できないので興味のある方は、検索してみてください!










20200728131156333.jpg

美術館の外の庭には植物園のように奄美の植物がたくさんある。








20200728131153a9b.jpg
ここの展望台は無料。








20200728132935370.jpg
エレベーター上がると街が一望できる。







20200728132935f1c.jpg








202007281329382cf.jpg
海水浴日よりだね!








この後バスで奄美空港に向かいました。






こんなコロナの時期だからなのか、元々なのか観光客は少なかったです。


場所によっては「島民以外の方の入店お断り」←もっとやんわり書いてあった。(お店の人が気にしてなくても、近所の人たちが不安に感じたり、万が一、その地区で感染者が出たとなったら責任問われるのだろうから、これは仕方ないと思う)
毎日のようにメディアで煽ってるからね、、、。

ただ、入店できても、観光客だけに検温や個人情報の記入など強いられるのは気分良くないので、前者のように入店を断ってもらう方がいい。




それでも一般的に、街ゆく島の人たちはフレンドリーに挨拶してくれました♪




島ではマスク付けてる人が少なく、島民同士はソーシャルディスタンスなんかも気にしてなかったので東京に戻ってから、街中のマクス民の多さの異様に見えるとこ!!



夏の暑い時期にマスクしてたら熱中症になるし、酸欠で免疫力が落ちて、秋には風邪(コロナ)にかかりやすくなるよ。




最後に、給付金の使い道に初めての奄美旅行を選びました。11日間でお釣りが1万ほど残りました。


この島は人も気候も自然も全て良かった、また行きたいなーと思う場所でした❥ 
いつか戻って来よう!!




| +奄美旅行 | 14:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

恋が叶うハートロックとケンムン村

今日は赤尾木〜バスでケンムン村へ行きます。








ケンムン村はばしゃ山村というバス停で降りたら目の前にある。



赤尾木〜ばしゃ山村までバスで2駅目 料金180円















20200725170006d77.jpg


ケンムンまたはケンモンとは、奄美群島に伝わる妖怪。土地ごとに相違があるものの、概ね河童や沖縄の妖怪であるキジムナーと共通する外観や性質が伝えられている。








ケンムン村へ行く前にバス停の名前にもなっている奄美ばしゃ山村リゾートに寄ってみた。


20200725170004b64.jpg
ここは、奄美空港から近いので奄美旅行の基点にしたら便利なんでしょうね!



宿泊施設にはレストランやお土産物屋が併設されているし、ここのビーチでマリンスポーツもできる。








20200725171730751.jpg










202007251717297e9.jpg
道沿いにはバーガー屋さんもある。










が、我々は近くのコンビニで昼食をとった!w

202007251700089a1.jpg
コンビニなのに弁当やお惣菜が安かった!!










腹ごしらえしたのでケンムン村に行きましょう!


2020072517000710a.jpg












入場は無料です。








20200725170142b18.jpg
展望台からばしゃ山村リゾートの海が見える。







20200725170143f65.jpg
画像では遠くてわかりづらいけど、奄美の海はどこも透明。








ケンムン村では色々と体験できるはずだが、この日はすべてのアクティビティが閉まってました。





しま歌体験とか
島民体験とか、、、、





コロナのせいかな?




2020072517014502b.jpg
中に入れないので窓からのぞき見。





上に上がっていくと


202007251723314e1.jpg
藁葺屋根の作業場?








20200725172333a1b.jpg
更に上がるとケンムン神社がある。









20200725172330d06.jpg

ケンムン村を後にして











ハートロックというハートの形をした岩を見に行こう!



ケンムン村から40分程、海沿い歩いていった。




ハートロックは、干潮でないと現れないということで、干潮時間調べて来ましたよ!












ゴミの多いこと!
20200725173114ef7.jpg

これ地元のおじさんたちがかき集めた後だったけど、多すぎて一度では片付けられないのだろうね。









20200725173114cfc.jpg
恋愛成就すると言われてるハートロックだよ❥








20200725173120f48.jpg
ズームにしたからコレを携帯の待受にして使って下さい!笑






20200725173120c04.jpg
中には珊瑚礁と小さな熱帯魚が閉じ込められている。


見えないよね〜w







私たちが到着したときは、人がいなかったけど帰る頃に人が増えて来ました。





このジャングルを抜けてヤギファームのお店へ向かいます。

20200725173752433.jpg

202007251737530c0.jpg

皆さん、我々と逆方向の海へ向かっている。
どこに人がいるんだ?


早めに着いてて良かった!
時間ずれてたらゆっくりみれなかったよ。















それいゆふぁーむに到着!
2020072517375476c.jpg


ハートロックへ行く皆さんは、ここに寄ってから来る人が多いみたい。



レンタカーで来て、この近辺に路駐してたからね。





20200725173756d3f.jpg
せっかくだからヤギ乳のアイスを頂きます!



思ったほどクセがなく美味でした。





ここからは、歩いて宿に帰り。







奄美最後の夕食にでかけます。







お目当てのお店はいっぱいで、1時間待ちとのことだったので待とうとしたが、店の周りがジャングルで暗くなるとハブが出没するので危険だと言われあえなく街に戻りました。






奄美最後の夕食!
20200725173757288.jpg







明日は、飛行機乗る前に最後の観光に行ってきます!







次回は、、、
20200725201509cec.jpg













| +奄美旅行 | 20:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

赤尾木·窓の外は海! 


この魚の名は「オジサン」
20200723194256f49.jpg

ヒゲがあるからオジサンなのだと言う、冗談ではなく奄美の魚図鑑に載っている。しかもオジサン種はかなり多い!w














楽しかった加計呂麻をあとに奄美の古仁屋に戻って来た。

20200723194257275.jpg

古仁屋では前回と同じ宿に泊まったのだが奄美旅の冒頭に書いたので省略する。






次の宿がなかなか決まらなかったのだが、ロケーションと評判の良さで赤尾木というビーチの前に今夜の宿舎を決めた。





古仁屋〜赤尾木まで2時間近く(奄美空港に近い)かかるので途中、名瀬のしまバス本社でトイレ休憩があった。






そして古仁屋〜赤尾木まで、寄り道せずに真っ直ぐ行くなら2000円くらいだったと思うが我々は2100円の1日券を買い、途中のビッグⅡというスーパーで途中下車したのだった。






20200723194616c93.jpg
大きなスーパーで奄美や沖縄のお土産まで売っている。







20200723194619c5a.jpg
敷地内にはJoyfullがあったので







20200723194621bd0.jpg
とりあえずランチを頂きます!







20200723194618e1e.jpg
スーパーの酒コーナーには"一口サイズ"の焼酎も売っている。飲み比べたい人やお土産用にどうですか?



試飲もあったので2種類頂いたww





今夜の晩御飯を探そうっと







20200723194615b1c.jpg
南国ならではの品揃え!!






おつまみや飲み物を買って、イザ宿へ!!




今回、お世話になった「さとの家」

2020072520470542e.jpg

敷地のお庭には花と鯉もいる。




鯉は近寄るとエサ貰えると思ってうじゃうじゃと寄ってきて気持ち悪い







ここは、2階建のアパート

2020072320093592b.jpg
台所のガスは使えるが調味料や油はない。







20200723200937c5f.jpg










20200723200938516.jpg
今回の旅で初めてのバスルーム付










20200723200940f04.jpg
何と、窓の外は海!!








20200723200941908.jpg
これが赤尾木クレータだ!










202007232009434cb.jpg
透明な川の水が海に流れている場所。








20200723200944668.jpg
波もなく穏やかな海。








ここは他の2軒の宿とは異なり旅人同士の交流はなく(そもそも旅人見てないし、ネットでなく電話予約なので、特に若者は来ないのかな?)プライベートな感じ。WiFiもなかったので、のんびりできます。 テレビはあったけどなw







次回につづく、、、
20200723203828d95.jpg












| +奄美旅行 | 05:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

楽しかった西阿室とお世話になった宿

加計呂麻島では西阿室(にしあむろ)に宿泊してました。







島にはスーパーやコンビニなどはなく、レストランも数に限りがあるし、毎日開いてるとも限らないので入島する前に食事付の宿を予約する(食料を奄美大島から調達する為)か古仁屋の港にあるA Coopスーパーで食料を買い込んでキッチン付の宿で自炊することになる。




私たちは、古仁屋のスーパーで肉や野菜などを買い込んで来ました。









20200723105025524.jpg
ここは、西阿室にあるキオスクでバスの運転士さんが営業しているのでバス運行時間は閉まってますw


店には冷凍肉や調味料やお菓子や酒類が揃っている。











20200723105023088.jpg
奄美には、キリスト教教会が多い。


信者さんたくさんいるんでしょうね。









202007231050279bb.jpg
うなぎが生息する川







20200723105031349.jpg
丘の上の神社



20200723105032ab0.jpg






20200723105031ae8.png
神社からの眺め!











20200723105219fff.jpg
こっちは別の展望台からシティービュー





20200723105218aca.jpg
晴れていれば青いであろう海





202007231052165d7.jpg
この展望台で夕日を見るとイイらしいが、あまり遅くなるとハブが出るので気をつけた方がいい。



奄美はハブ生息地なので草っぱらの多い田舎町では夜出歩くのは危険です⚠









モッカ
20200723111623b36.jpg
西阿室唯一のレストラン?🍴








20200723111621046.jpg
ランチにうなぎがあったので食べてみたよ。


とても美味しかった!! 
川に生息してる大ウナギではなく普通サイズのです。



モッカと併設してる、イラストレーターのちゃずさんの展示コーナーがあり、ちゃずさんとも会えます!!


しかも即興で絵葉書に似顔絵描いていただきました! 無料だよ❧











20200723112346a79.jpg
レストランモッカのお隣の南龍という宿に宿泊しました。

部屋は畳で冷蔵庫が付いてる!










20200723112345777.jpg
家風呂と外風呂両方ある!

外の五右衛門風呂は木を焚べて沸かすので毎日ではないが入りました!
こういう田舎で夜暗い時間に入ったら星空キレイだろうなー! 天気悪かったけどw








202007231123432bf.jpg
宿の庭には色んな食料が育っていたよ!








20200723112342064.jpg
宿のドリンクバー1杯200円と良心的な値段!







20200723112340fc4.jpg
セルフで毎晩2杯は飲んでました。
それと奄美から持参した酒とw




加計呂麻の他の集落にも泊まろうと思ってたんですが冴えない天気と居心地の良さでココに4泊しました。




オーナーさんや他のゲストや近所の人と交流できて毎日楽しかった!!



滞在中wifiもなかったので、思いっきり島生活エンジョイできました。


来年はこの島にもヒカリが通るらしいのでネット使えるという噂です。

便利だけど文明(wifi)がはいってきてしまうと田舎の良さが半減するかも




加計呂麻また来たいなー。
次回は実久や徳浜にも足を伸ばしてみたい!!




つづく、、、


| +奄美旅行 | 12:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

誰もいないビーチ·加計呂麻ロマン

ようこそ加計呂麻ロマンヘ




語呂がいいので使ってみたかっただけw






今日はバスに乗って阿多地(あだち)という集落にある穴場のビーチヘ行きます!




★瀬相〜阿多地 バス料金520円

※バスの本数は1日4便ほどと少なく阿多地からはデマンド運行になるので帰りは何時に乗るか運転士さんに伝えておくこと!









数年前まで2,3世帯いたこの阿多地。
なんと今いる住民は家1軒のみ!!





そりゃあデマンド運行になるよね。
バス路線があるのが不思議なくらい、、、





20200721120015ad1.jpg
ガジュマルの木はここの集落の歴史とともに育った。












20200721120016422.jpg
晴れていれば透明度の高い海だが今日は曇っていて寒い!


連れのムゥさんは、シュノーケルで珊瑚を見たと言っていたが、私は足をつけただけ。







20200721120017ac4.jpg
台湾か中国から辿り着いたペットボトルゴミとマレーシアの銘柄の水ボトルもある。ここでマレーシア産の物と会えるとは!w







当初はこの無人ビーチに丸1日いる予定であったが周りには何もないので行きのバスの運転士さんに聞いたら隣の須子茂(すこも)のがビーチはキレイだし清潔なシャワーも使えるということで次の便でココから須子茂ヘ移動することにした。






瀬相からのバスは阿多地が終点になり、須子茂は阿多地の1つ手前の停留所になる。



★阿多地〜須子茂まで5分ほどでバス料金200円




20200721122942ef9.jpg
須子茂は人口20人ほどの小さな集落。


阿多地と比べたら活気がある気がする、、、w






20200721122945851.jpg
何ともノスタルジーな看板で心落ち着く。







202007211229468dc.jpg
村民?






20200721122948759.jpg
可愛らしいワンがお出迎え❤


彼女は集落のアイドルに違いない!







20200721175137815.jpg
集落の案内図






20200721175139560.jpg






20200721175141379.jpg
この時は、日がでてたので泳いでみたが入った場所が悪かったのか遠浅ではなく、急に深くなってたので程々に遊んで木陰でシマ時間にひたった。








20200721175145ab5.jpg
画像の奥に写ってるのがトイレ&シャワー



シャワーは水のみだが家庭用みたいに使いやすく、脱衣所もキレイだった。





202007211754547c6.jpg
普通の民家の庭だが民俗資料館のように美しい。








20200721175457b1f.jpg
小さいが有名な厳島神社がある。







2020072117545889d.jpg
ここには、伝泊という奄美独特の宿もあった。







最後、また瀬相ヘ戻るバスに乗ったら途中の嘉入(かにゅう)の滝のところで、運転士さんバスを10秒程停めてくれました。(私たち以外の客がいなかったので)画像はないけどw








★須子茂〜瀬相 バス料金 400円







つづく、、、


| +奄美旅行 | 18:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT