FC2ブログ

アジア散歩

| PAGE-SELECT |

ダリアンの対岸を渡りカウノス遺跡ヘ


リュキア人の祖先は、インド・ヨーロッパ語族のアナトリア語派に属した。リュキア語に近かったのは、紀元前2000年から紀元前1000年過ぎまでアナトリア地方に暮らしていた民族の使うルウィ語で、この民族が直接の祖先である可能性もある。古くからこの地域を支配していたのはギリシア民族で、植民地を築いていた。後にこの地域はトルコ民族に支配されるようになるが、ギリシア民族も生活を続けた。20世紀初頭の希土戦争でトルコ領となった。






岩を削って作られたリュキア墓所を間近で見ようとダリアン川を手漕ぎボートで渡ることにした。




ボートは二人で往復15リラで女の人が漕いでくれた。


201910190358014de.jpg










20191019035802d93.jpg


対岸に着くと墓所に続く道が塞がれていてレストランの敷地を通ることになる。店のオバちゃんに案内され出口に向かう、この時飲み物などを薦められるがやんわり断って先に進む。








20191019035804c67.jpg

しばらく行くと墓所の入口が見えるが門に鍵がかけられていて中には入れない。









20191019035804161.jpg
何しにお金払って川を渡ったのか?!











仕方ないのでこのままカウノスというとこまで行くことにした。











20191019040130eba.jpg
柘榴ばたけ












201910190401302af.jpg
道の途中でジュースや蜂蜜を売るおば様













201910190401314c4.jpg
ダリアンから川を渡ったとこから2キロ歩いてカウノスに到着。








入場料は一人14リラ
オープン時間は8時半〜19時半(チケット売り場は19時まで)




20191019040411dff.jpg
カウノス説明書き



紀元前9世紀頃にカリア人が建設。ヘレニズム、古代ローマ時代を通じて海上交易の拠点として栄えた。紀元前4世紀頃に岩山を掘って造られた王墓のほか、古代ローマの神殿や劇場の遺跡がある。





20191019040413131.jpg
浴場














2019101904041474d.jpg
キリル文字















20191019040416d58.jpg













2019101904041786f.jpg














円形劇場
201910190407593fb.jpg


2019101904075819f.jpg












丘があるので登ってみた
20191019040802b8b.jpg














あっちに見えるのはイズトゥズビーチ
2019101904080160d.jpg














流石にビーサンじゃキツイよね!
2019101904080454f.jpg
もっと上に上がりたがったが体力消耗したので下がります。












20191019041439447.jpg
これは、教会跡だったかな?













20191019041441e78.jpg
モザイク













20191019041441bb1.jpg
あそこがダリアン中心地!






思ったよりも広く見応えがあリ全部見て回ると2〜4時間はかかる。14リラは安いと思った!


東南アジアならもっと高い値段で設定するだろうw



帰りも2キロの道のりを戻って、さっきのレストランを通りボートに乗って帰りました。






レート

1リラ= €0.15
1リラ= 19円


€1= 6.3リラ
100円= 5.3リラ




| +ダルヤン | 00:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

世界一美しいと言われるビーチヘ!?

日本では知られていないトルコの「世界一美しいビーチ」イズトゥズ/Iztuzu ビーチがある。




世界一かどうかは置いといてヨーロピアンのあいだでは人気のビーチ。







201910190435591a0.jpg

ダリアンからイズトゥズビーチへ行くにはドルムッシュで一人往復11リラ。所要時間20分






20191019043601769.jpg

料金を払うとカードをくれる。これを帰りのバスで回収する。

*タウンからパブリックボートで行く場合は往復で20リラ40分かかるらしい。













2019101904360434b.jpg


このビーチは全長4.5kmありドルムッシュ側とボート側の発着場所が正反対のところにある。



アカウミガメcaretta caretta(名前カワイイ❤️) の絶滅を危惧し1988年より特別保護地域に指定されている。イズトゥズビーチは、またの名をタートルビーチとも呼ばれている。


80年代初頭リゾート開発計画が持ち上がりホテルやバンガローなどを建てる資金の確保も進められていたが保護団体のプロテストにより中止された。











20191019043601d86.jpg












20191019043832133.jpg

イズトゥズビーチはトイレ、シャワー、更衣室がタダ。













2019101904383383d.jpg
レストランも政府運営なので良心的な値段。
チャイは1.50 リラで街のレストランと変わらない値段。












20191019043834c77.jpg
ビーチを目の前にして泳がないのはもったいない!






水冷たい!

カナヅチで今まで塩水でも浮いたことなかったけど背泳ぎできた!



おそらく塩の濃度が高いためだろう。
太平洋と比べると地中海の塩の濃度は濃い。特に地中海東側は海水が蒸発しやすい。逆に西側は大西洋の水が流れてくるので濃度低め。地中海はジブラルタルとスエズ運河の2箇所のみ開いているので水が逃げ難いらしい。


それとも脂肪増えたからか?









この海に生息する3種類のウミガメ。
20191019044406479.jpg

この子がカレッタカレッタ(アカウミガメ)




20191019044407351.jpg




20191019044408264.jpg













このビーチを端から端まで歩いてボート発着場まで来ました。

2019101904462147c.jpg















2019101904462215b.jpg
水の透明感がスゴいね!!













20191019044624341.jpg

集団シャワー!
ここでシャンプー,石鹸使わないでね!











201910190446253c7.jpg
また、端まで歩いて戻ってドルムッシュに乗って街に返ろう.







レート

1リラ= €0.15
1リラ= 19円


€1= 6.3リラ
100円= 5.3リラ







| +ダルヤン | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

ダリアンでキャンプする

このキャンプ場は今回で2度目。



前回は15年前で初めてのトルコ旅行のときだ。
その時はほんの1,2泊しただけであった。





201910142255260b2.jpg
テーブルの近くにプラグがあるのでここで充電できる。












20191014225528c6f.jpg
キッチン、冷蔵庫と揃っているので自炊するのにちょうどいい!




今回、電気調理器具を持ってくる代わりにテントを持参したので自炊する場所はこのキャンプ場だけ






20191014225529726.jpg
料理すると言っても、あまり凝ったものは作らない。











20191014225638d3d.jpg
テントは寝るときだけ














2019101422563989c.jpg
こういう機会に本を読もう!





キャンプ場にはwifiもあるがこういう環境で読書したいです!




20191014225641763.jpg
だが流石にこれ全部は読破できなかった。














20191014230347215.jpg
何と嬉しいことにしたプラットフォームがある。15年前にはなかったと思う記憶にない。













20191014230349072.jpg
対岸のカウノス墓が見える。
この1階はピアノバーでレストラン。








201910142303525d5.jpg
素晴らしい景色!






テント宿泊1人40リラで 2人で一つのテントで80リラなので一人で泊まってもお得!
営業は4月〜10月末まで! 








レート

1リラ= €0.15
1リラ= 19円


€1= 6.3リラ
100円= 5.3リラ




| +ダルヤン | 01:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

アンタリア〜カシ〜ダリアンヘの長たび

アンタリアからカシ/Kas という小さな街に移動することにした。



まずは市内からトラムに乗ってOtogar(バスターミナル) ヘ向かう。トラム料金3.50リラ





アンタリア〜カシまで二人で75リラ(一人37.50?中途半端な値段) をバスに乗ってからスタッフに払う(チケットはない)。
所要4.5時間

20191019050532a48.jpg







カシに到着し前回10年ほど前に泊まったキャンプ場ヘ行くが

テント1つ、2人で一泊200リラだと言う!!





一応決める前に敷地内を見せてもらったが、あり得ないほど混んでいて、テント張る場所が決められ、お隣りさんが近すぎる。おまけに日陰がないときた!





前回は好きなとこに張れたし、それ程人気もなかったし、なんと言っても料金が当時の4倍以上!!


なのになのに何も変わってない。
イヤ、人が多すぎる!! 





これならホテルに泊まる方がいい。



で、数カ所の宿をまわったがどこも高く、安いとこでも180リラだ。





この街は終わった。



201910190505355ea.jpg


次行ってみよう。



こんな事もあろうかと第2プランも考えてました!




プラン2: オトガーに戻って。フェティエ/Fethie 行きのバスに乗りこむ。





フェティエまでの料金25リラ(一人12.50) 所要2時間





フェティエのオトガーから中心地は遠いので更にここから、ダリアン/Dalyan という街に向かうことにした。






フェティエからダリアンの直行はないのでオルタカ/Ortaca で乗り換えることになる。






フェティエからオルタカ二人で25リラ 所要1時間15分






そしてオルタカ〜ダリアン二人で11リラ







アンタリアからの長い移動が終わりようやく落ち着くことができた。
20191019051022b00.jpg








これからテントを貼ろう。










20191019051023ec1.jpg
鶏の丸焼き売ってる店も見つけたし長居できそうですw












201910190510245ac.jpg


街の中心にはバーエリアがあるけどアジアと違って店員が全員男の人











20191019051027310.jpg
ほとんどの店でサッカーの中継やってる。





ここダリアンはイギリス人が多いです。






レート

1リラ= €0.15
1リラ= 19円


€1= 6.3リラ
100円= 5.3リラ





| +ダルヤン | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |