FC2ブログ

アジア散歩

| PAGE-SELECT | NEXT

ロルシュという古い修道院の残る町

だいぶ前に記事にした『おもちゃ箱のような町ヘッペンハイム』から6kmほど西側にあるロルシュ(現地ではローシュと発音)という古い修道院のある街へやってきました!





20201002044932b12.jpg




ロルシュ修道院の歴史の始まりは、西暦764年に遡る。その年に、フランク王国の貴族カンコルと寡婦になっていた彼の母ヴィリスヴィンダが、自身の所領ラウリッサ(Laurissa, 現ロルシュ)に領主私有聖堂と修道院を建てたのである。彼らはその管理をカンコルの甥にあたるメス大司教のクロデガングに委ねた。クロデガングは、修道院と聖堂を聖ペテロに奉献し、最初の修道院長となった。

信心深いカンコルたちは、更なる寄付によってこの新しい修道院を豊かにしていった。766年にクロデガングはメス大司教としての職務を理由に、ロルシュの修道院の管理を離れ、代わりに14人のベネディクト会修道士たちとともに、後継者として弟のグンデランドをロルシュに送った。グンデランドは、修道院に巡礼者たちを集めるために、ローマ教皇パウルス1世から、聖ナザリウスの遺骸を手に入れた。聖ナザリウスはディオクレティアヌス帝の時代に3人の仲間とともに殉教した聖人である。765年7月11日にその聖遺物が届くと、荘厳な儀式が執り行われ、バシリカ式聖堂に納められた。それ以降、この修道院とバシリカは、聖ナザリウスにあやかるかたちで有名になった。中心の聖堂は、カール大帝の治世下にあたる774年に、マインツ大司教によって聖ペテロ、聖パウロ、聖ナザリウスの三者に献堂された。聖ナザリウスの聖遺物がロルシュにやって来たことで様々な奇跡譚が作り上げられたとされ、ヨーロッパ各地から巡礼者たちが訪れるようになった。
wikipediaより参照




ロルシュは、小ぢんまりとした美しい町です。
202010020449335c7.jpg







202010020449351f9.jpg
ここら辺に古い修道院があるというからチャリで来てみたよ。







2020100204493637b.jpg
想像と違うが遺跡が残ってる。















20201002044939be1.jpg
昔の暮らしはこうじゃないかなーという風に想像で作られた博物館。日本の昔の家みたいに藁葺き屋根の家がある。




で、そこにいるのは400年前の古種の牛たち!



20201002044937634.jpg
交配して400年前に存在した牛を再現したという。








そこから、駐車場へいきチャリを駐輪。
駐車場には無料で使えるトイレがある。プラスポイントだね!









20201002045437bcf.jpg
ここは1984~1985年の発掘調査によって最初に建てられた修道院が発見された。





202010020454384cc.jpg
かつての楼門である「王の門」(Königshalle)は9世紀に皇帝ルドヴィーコ3世によって建てられたもので、カロリング王朝時代の様式を伝える建造物として、古さ美しさの両面から極めて重要なものである。この門は古代ローマの凱旋門の様式と、土着のチュートン人の様式が折衷されたものという点でも、稀少なものである。

この旧修道院は1991年にユネスコの世界遺産に登録された。









20201002045440417.jpg
町の中心Markt platzはローカルたちで賑わう広場! って人写ってないけどねw







20201002045441e4a.jpg








2020100204544387c.jpg
カボチャの季節になりましたね!
オレンジ色って暖かくて好きだな。






2020100204575614a.jpg
教会があるカトリックかな?


ドイツではカトリックとプロテスタント(エヴァンゲリッシュ)半々で見かける。







2020100204575767b.jpg





小さい教会だけど



2020100204580061e.jpg



庭が充実してて雰囲気いい!


202010020458004db.jpg



葡萄あり、花あり、ハーブあり、植物のある生活って素敵だね(。•̀ᴗ-)✧






20201002045801ffb.jpg











| ★ドイツ | 06:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

ドイツのワイナリーで葡萄摘み!

お久しぶりです、、、、でもないか






欧州に来て3週間以上になります。
で、今は、タイトルのとおりドイツにいます。




一般の日本人は、日本〜ドイツに直接の入国はできない状況ですが、日本から他のシェンゲン協定国(例えばスイス、ルクセンブルク、オランダ、ポーランド)へ飛び、そこから陸路でドイツに入国できます。(来ようと思ってる方、ルールが流動的なのでコマメにチェックして下さい!!)





ちょっとした、珍道中とかありましたが端折ります'笑






今のところ、日本から渡航する日本人を制限なしに受け入れてる国は20ヶ国くらいかな? そのほとんどが欧州。






本題の葡萄狩りの話でもしますかね!






ここは、ドイツの南西部にある、とある町。
この辺一帯、ワイナリーだらけです。




20200924052212f68.jpg
知り合いのワイナリーでワイン用の葡萄狩りに参加させてもらいました。








202009240522156c3.jpg
こんな感じで、房ごとカットするだけの簡単な作業。










20200924052215bb3.jpg
参加してた人は20人くらいかな?






20200924052215f33.jpg

若い層30代〜と高齢層60代〜と半々くらいでした。




画像は、高齢層の方たち。






2020092405232262a.jpg
バケツが一杯になったら、この浴槽みたいなのに溜めて、更に大型トラクターに積んでいきます。



チカラ仕事は男性がやるんで女性方はバケツに葡萄をつむだけ。








仕事2時間したら、報酬のランチです!!





手伝った人全員ではなかったけど、まあまあ人数いたので外のテーブル(若者)と家の中のテーブル(高齢層)に半々で別れて手作りの食事とワインを頂いた。

2020092405232362b.jpg


たまたま、若い層の席が満席だったけど、若者たち囲まれると緊張するので、私は高齢層の仲間に入れてもらいました!w






高齢の方とは、食べ物の趣味も合うし(欧州の若者はビーガンが多い)人生経験豊富でゆったりと落ち着いてて気使わないから良い。








202009240523235f2.jpg
食後のケーキも用意されていた!











202009240523247ff.jpg
帰りには、この葡萄と更にケーキ4つも、お土産にもらいました!




摘んだ葡萄は、農協のようなとこに持っていき、そこで醸造してもらうそうです。








| ★ドイツ | 06:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

ネッカーシュタイナの古城へ行こう

前回ハイデルベルグから自転車に乗ってヒアシュホーン行きましたが今回はヒアシュホーン手前のネッカーシュタイナへやって来ました!




ネッカーシュタイナへは電車でもいけますがここは是非フェリーを利用してみて下さい♪
記事はコチラ⇒ハイデルベアグ~ネッカーシュタイナ・クルーズ




今回は古城という名の要塞巡りです!
20180911185220781.jpg

ネッカー川挟んで反対側にあるディルスベアグもオススメなのでどちらも観光したいという方一日では足りないのでネッカーシュタイナにお泊りください。

ディルスベアグの記事








古城へ行く途中に本棚がありました。
2018091118522154d.jpg

ここに置いてある本は無料で持ち帰りでき、ほとんどドイツ語だが日本語の本も一冊見つけました。子供向け絵本ねw






城への道しるべ発見
2018091118522561b.jpg





むっくれネコちゃんw
20180911185712037.jpg









上の地図参照 ②Mittelburg(ミッテルブアク)
20180911185223abd.jpg

ミッテルブアクは16世紀半ばにルネサンス様式の城館に改築され、さらに19世紀にゴシック様式に改装された。現在はヴァルスベルク=ドルト家が住んでいる。よって中は見学できません。



ちなみに①のVorderburg(フォアデアブアク)はヴァルスベルク家の森林管理事務所となっていてる。こっちは遠くからしか見られない。






ミッテルブアク裏から"古城トレイル"が続いている。
20180911185224923.jpg







旅の安全を祈る十字架?
20180911185707106.jpg





③Hinterburg(ヒンターブアク)城趾
20180911185715200.jpg







ヒンターブアク上からの眺め
20180911185710464.jpg

ネッカー川と対岸のディルスベアグが見える!





真下は迷路のような地上
20180911185712011.jpg





ここから更に歩いて行くと




④Schadeck(シャーデック)「ツバメの巣」とも呼ばれる。入り口
20180911190106b30.jpg






シャーデック城 表札w
201809111901056b4.jpg








敷地には野生のブラックベリーが雑草のように生い茂る!
20180911190110fb6.jpg

(ドイツの森には時期によってブラックベリー、ラズベリー、プルーン、サクランボ、林檎、ダマスカスベリーなど所有者のいない果物が生息しているので勝手に食べられる。)







シャーデック城趾の全景
2018091119011037b.jpg





上から見たもの
2018091119045020e.jpg






ここから階段を上がる
20180911190449a67.jpg






かなり急なので高所恐怖症の人はココでリタイアww
20180911190447c2d.jpg








20180911190446400.jpg





城内
20180911190445576.jpg



要約
これらの城は1100年から1230年の間に、一部はヴォルムスおよびシュパイアー司教領のレーエンとして、一部は自由所領としてこの地を治めたシュタイナハ家(Landschad von Steinach)によって建設された。



③ヒンターブルク城趾と④シャーデック城趾は自由に訪れることができる。特にシャーデックからは蛇行するネッカー川と対岸のディスルベルク城塞の眺望が楽しめる。





ではっ!




次はヨーロッパのあの国♪







| ★ドイツ | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

オーデン森の小さな観光地モスバッハ

まずは車でBuchenというオーデン森の中にある小さな街へ向かいます。





この小さな街Buchenにはエバースタッド 鍾乳洞がある。
20180910230904569.jpg

入場料は大人€5
入場する際は何人か集まってからガイド付き(ドイツ語)で回ることになります。





鍾乳洞入り口付近に展示されてる天然石
2018091023090971f.jpg
だけどこの洞窟で採れた物ではないです。





洞窟内は撮影禁止なので画像はここまで。
鍾乳洞内がどんな感じか気になる人はこのオフィシャルサイトに載ってるので良かったら見てみて下さい♪







ここからはモスバッハという街へ移動!







バケツ男の泉というらしい
20180910230910c49.jpg

Kübelscheißer-Brunnen「バケツ男の泉」は、中世モースバッハに布告された都市衛生上の行政命令とそれに由来するモースバッハのニックネームに因んだ記念碑である。この泉は1987年に寄付によって建立された。



20180910230906390.jpg









マークトプラッツ(旧市街の中心で直訳すると市場広場)
201809102315588d9.jpg






特徴のある木組の家
201809102316047f8.jpg










市立博物館展示施設の一つ、キッケルハイン邸
20180910231602f8e.jpg








カトリック教会
20180910231606bb2.jpg


2018091023160120a.jpg



このユニークな教会は一つの建物に壁を隔ててプロテスタント側とカトリック側に分かれている。






ちなみにプロテスタント(独語)でエヴァンゲリッシュ)の方はシンプルな内観なので写真は撮らなかった。




| ★ドイツ | 01:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

ネッカー川の真珠? ヒルシュホルン

アジアにいるときより8キロ増量!
安いので毎日ビールとか甘い物とか乳製品を大量摂取しているうちにデブになりました。恐るべしドイツ( ̄▽ ̄;)






ヒアシュホーン(ヒルシュホルン)の位置
2018090200155680c.png
同じくネッカー川沿いにあるネッカーシュタイナもオススメです!






ハイデルベルグからネッカ川沿いをチャリで走行
20180816195109d2e.jpg




ハイデルベルグからヒアシュホーンまでは24Kmの距離(下の表示と異なる)
20180902001559996.png
電車 30分
チャリで1時間半
徒歩4時間ちょい





ネッカーゲミュント
20180816195111fb7.jpg
この街から自転車専用道が川沿いにもあるので走りやすい。









ネッカーシュタイナの 丘に立つ4つある古城のうちの一つ
20180816195115e83.jpg
ハイデルベルグからここまではフェリーが運行していて眺めが最高なので利用してみてください♪





この街からは橋を渡って対岸へ行きさらに進む。





人懐こい白鳥
20180816200058a13.jpg





ここからヒアシュホーンまで7. 8km
201808162000572ae.jpg





ヒアシュホーン到着
20180816195115af6.jpg






旧市街には無料で使えるトイレがある
201808162000539b8.jpg





ハイデルベルグから鉄道でもアクセスできるよ。
20180816201152a6f.jpg






丘の上に立つヒアシュホーン古城
2018081620114984b.jpg







古城ホテルただいまクローズ中 再開は2020年予定
20180816201153092.jpg





ホテルに併設してるレストランも閉鎖中だが自由に入れる
20180816201155a8b.jpg




旧市街の屋根がカワイイ
20180816201156c47.jpg




古城から少し降りたところに教会がある




1406年に創設されたかつてのカルメル会受胎告知修道院
20180816202024147.jpg

この修道院には1513年に造られた聖アンナ礼拝堂が遺されている。この教会には中世のヒルシュホルン家の墓碑が多くあり、ゴシック様式の砂岩でできた聖障が設けられている。教会の右手にはかつての修道院の建物が遺されている。






年季の入ってる看板
20180816202025712.jpg






修道院の中へ入りましょう!
20180816202027357.jpg








シャンデリア
20180816202029672.jpg










20180816202547d14.jpg






聖母
20180816202548f6d.jpg







20180816202551d43.jpg







天井
20180816202554df2.jpg





修道院の丘を降りて目抜き通りへ




市教会の教会塔
20180816202553110.jpg








201809102303097b7.jpg
街の中心はこの一本道で一軒のカフェに人が集中してた感じです。
観光客はいないねw






最後は"街のお利口さん"と遊んで帰りましたw
2018081703483569b.jpg





| ★ドイツ | 01:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT