FC2ブログ

アジア散歩

| PAGE-SELECT |

朗報)) タイビザ申請料が無料になった

昨日からタイのシングルビザの申請料が免除になりました!




ビザ申請無料期間は2016年12月1日~2017年2月28日までの限定。



先月11月22日には、アライバルビザの申請(対象国:アンドラ、ブルガリア、ブータン、中国、キプロス、エチオピア、インド、カザフスタン、ラトビア、リトアニア、モルディブ、マルタ、モーリシャス、ルーマニア、サンマリノ、サウジアラビア、台湾、ウクライナ、ウズベキスタンで、15日間の滞在が可能。)を現在の2000バーツから1000バーツに引き下げることを承認した。期間は2016年12月1日から2017年2月28日まで。

アライバルビザの申請料は2016年9月27日より、1000バーツから2000バーツに引き上げられたばかりだった。
日本人には関係ないけど、値上げして2カ月後には元の値段に戻すなんて計画性ないねw




ビザの無料申請の期間は2月28日までとなってるけど今までの経験上さらに延長すると予想! w








1月21日追記
予想が当たりさらに3か月の延長になりました。笑
いっそのこと今年いっぱい無料にしちゃえw


3/9訂正 延長はガセ情報でした。



| ビザ | 18:09 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

東南アジア長期滞在者に朗報・ベトナムビザの値下げetc

ベトナム

来月、11月23日よりベトナム観光ビザが値下がります。

1ヶ月ビザ$45→$25
3ヶ月ビザ$95→$50

$95ー$155で最大5年滞在できる!!

vietnamimmigration.org


インドネシア

インドネシアビザは去年$25から$35/30日に値上がりましたが
今年から日本を含む45カ国を対象に観光ビザ免除を開始した。

ビザが免除される入国及び出国ポイントは以下の空港のみ

・デンパサール
・ジャカルタ
・スラバヤ
・メダン
・バタム
・バタム(海路)
・ビンタン(海路)

※ビザなしで入国した場合現地で延長できない。
事前に2ヶ月ビザ取得することはできます。(在ペナン領事館で170リンギ)


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

タイは厳しくなる一方で(ダブルエントリービザは自国での発行のみになり在ラオス大使館、
領事館でのダブルエントリービザ発給が停止になるらしい。しかも在日本の大使館はハードルが高く
仕事してない人はビザ発行してもらえない。まともに仕事してたらダブルエントリー(4ヶ月以上)
なんて休暇とれないでしょ!)



マレーシアはビザ免除で90日滞在できるし、カンボジアも1年ビザ簡単に取れる。
バジェット派にやさしい東南アジア! 
長期滞在の札が揃いました。


| ビザ | 17:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

カンボジアビザ代 値上がりました!

10月よりカンボジアビザ料金が$10値上がりました。




観光ビザ(T)$20→$30

ビジネスビザ(E)$25→$35


なので入国時のビザ申請には気をつけてください★



| ビザ | 13:15 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

カンボジアビザ&延長

ビザは空港と陸路入国どきの国境で取得できる(アライバルビザ)


一般人の取得できる査証の種類


・Tourist (観光) ビザ:$20
Normal Ordinary( ビジネス) ビザ:$25(書類など不要なので誰でも取得可)

どちらも30日有効。
パスポートサイズ写真2枚必要、受付に申請用紙が用意されてるので記入。


・ 観光ビザは、1回のみ1ヶ月延長可。
・ ビジネスビザは、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月の延長ができる。
 6ヶ月、12ヶ月のみマルチプル(期間内の出入国自由)。




ビザを延長できる場所はプノンペンのイミグレーションオフィス


だけど時間も精神も消耗するので、ホテル、旅行代理店、レンタルバイク店
などに頼んだほうが断然楽だし値段も変わらないらしい(むしろ頼む方が安いかも)。

・延長申請に必要な物
パスポートサイズ写真2枚、申請どきに申請用紙が用意されてるので記入。

・1ヶ月の延長料金$45($35?)だから国境付近滞在の場合、再入国して新たに取るのが安い。
ちなみにビジネス一年の延長は(プノンペンの)旅行代理店で$285、バイク店で$283でした。


注意事項

ビジネスビザを入国時に受け取るとき必ず確認したいのが
査証番号のアルファベットで”E”から始まってること。
確か観光ビザは”T”でした。

ビジネスビザ延長でも代理店などで”E”ビザであることを確認する。
代理店によっては安い方の”B”ビザNGOビザを申請して儲けるのもいる。
ビジネス”E”ビザの発給は Ministry of Interior内務省でNGOビザは
Ministry of Foreign Affairs外務省で発給。
NGOビザは査証番号”F"から始まる。

そしてBビザ(NGOビザ)の場合、国際空港からの再入国を断られることがある



※2014年9月現在カンボジアでビジネスされる方はワークパーミット取得が義務付けられてます。
 >カンボジア労働許可証必要


トラベルティップ

タイから陸路入国する際、(アランヤーポイペト)タイ側のオフィス
(見た感じ政府機関ぽいが旅行代理店)で申請すると1200B($35くらい)取られる。
カオサンバスで来るとき注意!(事前にEビザなど持ってればいいけど)

カンボジア側ポイペトでビザを申請するときも賄賂請求される。
正規料金の$20、$25の張り紙の他に、手書きのボッタクリ料金表がある。
賄賂請求されたら正規料金を指差し丁重に「こっちのビザなんです」という
ビザを持ってても100B($3)「請求されたら領収書ください」と言ってみよう。
運が悪いと長蛇の列に並びなおされるから、朝の混んでない時に行くといい。

私たちが入国したときは、二人で$50のとこ$80請求されたけど
朝8時で空いてたので列に並びなおす罰もなく楽々通過でした。
ビザ代はお釣りのないようピッタリ払うのがいいですね。

他の国境コッコンはもっと大変らしいです。

ちょこっと調べただけですが、ラオスとの国境は$1賄賂と
ベトナムとの国境ではタイミングなのだろうか平気な人と
$5多めに徴収される人とあったみたい。要確認。


| ビザ | 11:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |